IT見聞録~限界なき己との闘い

エンジニアに必要なのは高い自己啓発能力

個人事業主エンジニアに最も必要なスキルは、個別具体的な資格や技術ではない。もっと基本的な能力が求められているのだ。それが、自己啓発能力である。自己啓発というのは、つまりは自分をより高い場所へ持って行こうとする気持ちや考え方のことだ。好奇心や上昇志向、さらには努力や野望というものがその中には含まれている。
個人事業主として生活をしていく上では基本的に誰も助けてはくれないので、強い姿勢がなければ話にならないのだ。
自己啓発能力に乏しい人間は、フリーのエンジニアになったところであまり長続きはしない。ちょっとした困難でもすぐに挫けてしまうし、そもそも資格取得にもモチベーションが上がらないだろう。
そうした人たちは、大人しく企業に雇用をされておくのがベストである。誰の助けもないフリーの世界へ飛び出していいのは、リスクを怖がらずに自分の力で這い上がれる人だけだと言われている。成功するフリーエンジニアは、毎日弛まぬ努力を惜しまないものだ。
セミナーに通って新しい知識を仕入れたり、頻繁に営業活動を行っている。ビジネスの世界でも、スポーツと同じように最後は気持ちが大切になるわけだ。気持ちが強いと、どんな困難が襲ってきても、諦めない心で乗り越えることもできる。
フリーになりたいなら、そのための気持ち作りから始めるのがベストである。雑誌や書籍で、先輩の意見を一通り見てから独立をするのが失敗しない方法となる。先人たちに負けない自信があれば、独立しても成功できるだろう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です