IT見聞録~限界なき己との闘い

管理職の経験は個人事業主に活きる

エンジニアの管理職を経験している人であれば、個人事業主として成功する可能性は高い。それは管理職を経験していることで得られるスキルがフリーランスでの仕事で活きてくるものであるからだ。
まず挙げられるのが交渉術だ。管理職に就いていた人はクライアントとの交渉を行う機会が多い。その分、交渉におけるスキルが向上しやすい傾向にあるのだ。フリーランスで仕事を行う場合には自分で営業を行い、契約を勝ち取らなければならない。
この営業の際に上手い交渉術を発揮できれば、多くの仕事を得られる場合がある。時には高額な仕事を請け負える可能性もあるだろう。
次に挙げられるのが人脈だ。管理職を経験している人は多くの人間と関わっている場合が多いだろう。その多くの人間と関われる場面を活かして人脈を広げていれば、フリーランスとして仕事を行った場合に取引できる企業が多いという強みができる。
これらのスキルを活かせればフリーランスとしての成功が期待できるはずだ。IT関係の仕事をメインに行っていくのであれば、自己投資も惜しまないようにした方が良いだろう。IT業界の技術の移り変わりは激しい。
1年の間に何度も技術が変わってしまうこともあることを考えると、最先端の技術を習得するために時間の投資は行っておく方が良いと言える。IT業界では情報収集も重要なポイントである。
新しい情報を得るために全国各地を回るという投資の方法も有効な手段の一つではないだろうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です